MMDアクセサリ 表情

以下を追加しました。
https://twitter.com/fang_MMD/status/1329718845624385541

見せられないよ!

ツイッターで使えそうなもの

ふきだし

わっか

擬音

提供

未分類

アフロ

AutoLuminousを併用すると光らせることもできます。

ブルック途中経過【アフロ先行配布】
https://seiga.nicovideo.jp/seiga/im2465837

モデルデータへの取り付け方法はメガネの取り付けを見てください。

アフロの色を変えるにはPMDエディタが必要です。

アフロ.xを読み込んだら、
材質タブをクリック→0 : 材質0をクリック。
こんな感じの画面がでます。

拡散色の横にある黒い■をクリックすると
新窓が立ち上がって色変更ができます。
好きな色にしてください。
同様に反射色、環境色も変えたら終わり。

Autoluminousを使ってアフロを光らせる場合は
反射色を0にして、反射強度を101以上(110が推奨?)にしてください。

色変えが終わったら、ファイル(F)→エクスポート(X)で
オリジナルのファイルとは異なる名前でファイルを保存してください。

モデルにもともとついてる髪の毛が
アフロからはみ出たりして干渉してしまうことがあります。
そんな時はモデルの髪の毛を非表示にしてください。

モデルデータを読み込んで、
MMDにメニューバーにあるMMEffect→エフェクト割当(M)。
Mainタブにあるモデルデータ名.pmdを右クリックしてサブセット展開(E)。
subset#0,1,2といっぱい出てきます。
チェックをはずしてみてください。
チェックをはずしたとところが非表示になります。

モデルデータによってはうまく髪の毛が消せない場合があります。
髪の毛を消すと、服の一部も消えちゃうとか。
画像にその部分が写らないようにするとかして、
うまくごまかしてください。
ごまかすのもテクニックのひとつです。

関連記事

MMDアクセサリ 表情・追加表現 by azyazya

タイトルとURLをコピーしました