[動画制作]動画フォーマットについて

MMDで動画を制作する際、
動画フォーマット(コーデック)の選択が重要。
ここでは、目的別の動画フォーマットの説明になります。

動画編集作業中

動画編集作業の途中で出力する作業途中のフォーマットは、
Ut Video Codec Suiteがおすすめ。

可逆圧縮コーデックといわれる動画フォーマット。
動画データそのままをぎゅっと圧縮した形式。
非圧縮←→UtVideoで動画の形式変換しても、
データの損失がないため画質が劣化しません。

MMDから一発出力で完成する場合は、
動画形式はH264形式でも問題ありませんが、
H264などの非可逆圧縮形式で動画編集を行うと、
編集のたびに画質が落ちていきます。

何度も編集した結果、
完成したときには画質の劣化が進行し、
残念動画になってしまいます。

動画編集する場合は、
完成までの途中の段階で画質の劣化を防ぐことができる、
Ut Video Codecがおすすめとなります。

ファイルサイズが大きく、
動画投稿サイトが未対応のケースが多いため、
動画公開する場合は汎用性の高いフォーマットへ変換する必要があります。

動画投稿サイトで公開

ニコニコ動画やYoutubeなどの、
動画投稿サイトへのアップロードを目的とした場合、
H.264形式が無難。

わかりやすい表記を使うとmp4。
ブルーレイで採用されてる動画形式。

多くの投稿動画サイトでmp4は対応しており、
ツイッターなどのSNSにも対応しています。
非常に汎用性が高い動画フォーマット。
H.264で動画を作っておけばだいたい大丈夫。

ニコニコ動画推奨動画形式
https://qa.nicovideo.jp/faq/show/5685?site_domain=default

YouTube でサポートされているファイル形式
https://support.google.com/youtube/troubleshooter/2888402?hl=ja

自分だけで楽しむ場合

動画形式の特徴別にまとめました。
お好きなのをどうぞ。

高画質
・ [1位] Ut Video Codec
・ [2位] H.265
・ [3位] H.264

ファイルサイズ
・ H.265 (サイズ小) ←→ (サイズ大) Ut Video

再生時の負荷
・ H.264 (負荷低) ←→ (高負荷) H.265

対応端末
・ H264 (対応多) ←→ (対応少) Ut Video

ファイルサイズを考慮しない場合、
もっとも高画質なUt Videoがベスト。

考慮しないとは言っても、
ファイルサイズは桁外れに大きいため、
現実的な選択とは言えないかも。

タイトルとURLをコピーしました