[サイト作成]freoからワードプレスへの移行

更新履歴

移行に特に影響ないとは思いますが、
statusとpost_statusの格納文字列について追記しました。
freoとWPで格納されてるデータは同じなのでコピペすればOK。

ブログシステムが異なるため、
色々な仕様の違いがあります。

freoでできることがワードプレス(以下WP)でできなかったり、
逆にfreoでできないことがWPでできることもあります。
移行してもサイト運営に影響が少ない(ない)と判断してから、
移行を検討してください。

私が使ってない機能については、
よくわからないため、ほとんど解説してません。
ご注意ください。

もっぱら自分用のメモに近いので、わかりにくいです。
移行したい人は心してかかってください。
結構めんどくさいです。

余談ですが、
私は以下のデメリットがネックとなり、WPへの移行を決めました。

freoのデメリット

更新がほぼ停止状態

新しいサービスの登場や、
仕様変更などに対応するのは難しく、
トレンドを追いかけるのが難しいです。

アップデートが面倒

WPではブログの管理画面から更新通知が確認でき、
さらには更新ボタンを押すだけで最新版になります。

freoは更新通知がないため、
ブログやプラグインの更新をチェックする作業と、
更新ファイルをサーバーへアップロードする手間がかかります。

プラグインが少ない

freoはプラグインが少ないため、
〇〇をやりたいのになぁ~っていうのがあっても、
そのプラグインがないことがよくあります。

レイアウト変更や機能追加の難しさ

freoはhtmlで書かれているため、非常に柔軟性があります。
ただ、htmlを書かないといけないということでもあり、
手間がかかる上に、PCやスマホからの表示確認などをしてると、
時間がかかりすぎてしょうがない。

あとからアクセス解析タグを埋め込んだりすると、htmlの書き直しが必要。
タグの埋め込み、ファイルのアップロード、動作確認と作業が多い。

WPはテンプレートが豊富にあり、
配色や配置程度の簡単な変更はできます。
freoに比べるとレイアウトの自由度が低く、
ありきたりなレイアウト・デザインになっちゃうんですが、
閲覧者側からすると見慣れたレイアウトはわかりやすく便利。

アクセス解析や検索最適化などもテンプレート側で用意され、
WPの管理画面から簡単に設定可能。

手間をかけずに閲覧者にも優しいなら、
それでいいんじゃないかというのが私の考え。

使用者が少ない

freoは使用者が少ないため、
何かやりたいことや、トラブったときの参考となるマニュアルやFAQがなく、
解決できずに詰む場合があります。

WPは多くのレンタルサーバーで、自動設置機能が用意されています。
クリック一つでWPが設置できてらくちん。

タイトルとURLをコピーしました