ブラウザのキャッシュについて

チェックポイント

Ctrl + F5を押すと最新のデータが読み込まれます

目次

当ブログご利用時のブラウザキャッシュについて

キャッシュが原因で更新内容が反映されない時がある

サーバーの負荷を下げるため、キャッシュサーバーを利用しています。

レスポンスヘッダはcache-control: no-storeになっているものの、
ブログが更新されてもキャッシュは古いまま残り、
更新された内容が表示されない現象が発生しています。

キャッシュ とは
閲覧したページのデータを保存(キャッシュ)し、
再度閲覧した場合はWebサーバーからのデータを得ず、
保存データを使って高速表示させる機能です。
cache-control: no-store とは
Webサーバから返されてくるコンテンツをキャッシュに記録するな、
というお願い。
キャッシュサーバーなんて使わなきゃいいんじゃない?

Webサーバー・独自ドメインの運用コストが高く、長期的な赤字運営となっています。

赤字を極力抑えるため、(無料で使える)キャッシュサーバーを使った負荷分散は必要です。

キャッシュを削除するには?

PC用ブラウザの場合

キャッシュを使用せず、画面の再読み込みをする機能があります。
スーパーリロードというそうな。

あれ?更新止まってる?みたいな時は、
お手数ですがスーパーリロードをしてみてください。

ブラウザスーパーリロード
ChromeCtrl + F5
EdgeCtrl + F5
SafariShift + 更新ボタン
FirefoxCtrl + F5

スマホ用ブラウザの場合

PC版のスーパーリロードに相当する機能はないようです。
履歴を削除することで新しいデータが取得できます。

アンドロイド用chromeブラウザのキャッシュ削除方法

STEP
設定を開く

chromeブラウザの右上の縦に点々が3つのマークが設定ボタン

STEP
プライバシーとセキュリティを開く

基本設定の項目の中に プライバシーとセキュリティはあります

STEP
閲覧履歴データの削除を開く

基本設定のタブを選択、期間は全期間にしてください

STEP
キャッシュされた画像とファイルにチェックを入れる

キャッシュされた画像とファイルだけにチェックを入れてください

STEP
データ削除ボタンを押す

削除ボタンを押した後、アクセスすれば最新の情報が取得できます

目次
閉じる